施術中の痛みはどのくらいか知りたい

部位によって感じる痛みは異なる

レーザー脱毛は効果の高い分、光脱毛よりも痛みが強い傾向があります。一般的には、ゴムでパチンと弾いたような痛みにたとえられますが、施術部位によって痛みの度合いは異なります。
最も痛みを感じやすいのがデリケートゾーンで、ゴムでパチンと弾く以上の痛みを感じる人もいるようです。太く硬い毛が密集していたり、粘膜に近かったり、皮膚が薄いと痛みを感じやすくなりますが、デリケートゾーンはその全ての要素を備えています。
そのほか、脇や膝、足の甲なども痛みを強く感じる部位です。また、乾燥肌であったり、色素沈着などの肌トラブルがある場合も、痛みを強く感じやすくなります。体調が悪い時も痛みを感じやすいので、施術を受けるときは体の調子を整えることも大事です。

麻酔で痛みを軽減することも可能

レーザー脱毛の痛みが心配な場合は、麻酔で軽減することもできます。肌表面に麻酔クリームを塗って感覚がなくなった状態で施術を受けると、痛みを感じることはほとんどありません。麻酔は有料になりますが、痛みがストレスとなり施術を続けられなくなることもあるので、我慢できない場合は医師に相談してみましょう。
また、痛みに敏感で麻酔をしても耐えられない場合は、レーザー脱毛ではなく光脱毛に切り替えるという方法もあります。脱毛効果は弱くなり、完了するまでに時間もかかりますが、レーザー脱毛よりも痛みが少ないのが特徴です。
カウンセリングの時にテスト照射をしてもらい、実際にどれぐらいの痛みを感じるのか体験してみると良いでしょう。

レーザー脱毛を池袋でするなら、クリニック選びに注意しましょう。例えば全身脱毛の場合、顔やVIOが別料金になってしまうクリニックもあります。